湘南イラストレーション倶楽部 相浦裕 【ただいま生徒募集中!】

相浦 裕 → 日本人。 長崎県出身。
誕生月日 → 11月23日勤労感謝の日
身長181僉 体重75繊
人間→ O型。温厚。のんびり屋。
好きなもの→ 絵。たまさちゃん。サイクリング。電車に乗ってお酒と美味しい弁当を食べること。ウォールトディズニーの世界。 お好み焼き。寿司。すき焼き。

 たまさ(ちゃん)。
 生年月日: 2010年10月10日。
  Breed: Scottish Fold (三毛猫)。
Eye Color:  Gold。
  性質:  気まま。自分勝手。
  長所:  とてもかわいい。
楽しい箱根の山 裏登山道。

きょうは気持ちのいい天気だな〜。晴れ

空はどこを見ても真っ青。おてんき これって絵でも表現できないなぁ。

見とれてしまうような青。 

背筋も直立にピシッと元気になれるようなこの日。グッド待ってましたよ〜。

 

きょうこそ サイクリング日和。

東京都多摩川沿いから国道1号線につきあたり

神奈川県は小田原市を越えて「箱根の山」まで走った。

早朝から夜まで走り続けた。 温泉箱根湯元でなんとか宿をとらせていただいた。

 

いつもの国道1号線箱根登り坂はいつものありふれたグネグネ道だから、

それよりもっと険しい旧東海道箱根登り坂を早起きしてチャレンジしてみた。

 

国道1号線の箱根東海道坂道も大変な道だけど

この旧東海道登り急坂道は休憩を時々入れないともうきつくて冷や汗たまらない。

登れど 登れど すごく急な坂道が続くのだ。

道幅は箱根東海道1号線も広くはないが一般車が走れる道。

何とか自転車とか歩行者は歩ける程度の幅はある。

しかし旧東海道は車は走るが歩行者や自転車のことなどは計画になく狭くてすごく危ない。

 

苦しんで登り切った末、青い芦ノ湖と富士山が見えたとき

それはもう爽快な達成感でいっぱいだ。嬉しい

 

次の日 知る人ぞいない、登る人もいない「湯坂路」という自転車では絶対登れない、

人の足でやっとジョギング登れる道への挑戦。

箱根湯元で知り合いになったおばあさんから聞いて非常に急な坂道の

箱根裏登山道があることを知った。

これは湯元へ自転車を置いて登っていった。

道なき道に石ころがあちらこちらにゴロゴロ。

これは歩けないほどよくない最悪の道だ。 びっくり人が歩いていないのが理解できる。

 

3時間半ほど登ったところであまりに険しすぎるために引き返すことにした。悲しい

それでも箱根湯元へ戻ってきたときは往復7時間経過して夕方に近かった。

以前、大磯の高麗山湘南平へ登ったがそのときの比ではなかった。

箱根湯元へ戻り 宿へ辿り着いたときは足全体が痛くて無事に到着したことにホッとした。楽しいまぁ〜楽しかった。

箱根登山道裏道を教えていただいた湯元薬局のお姉さんと土産屋のハリキリ元気おばぁちゃんありがとう。嬉しいまたね。

たまさちゃん、良い子にしてたかな〜。




 

| 相浦 裕 | - | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.syonan-aiura.com/trackback/93
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE